FC2ブログ

TOUKAI MEDIA CLUB

精密板金加工製品のご紹介 (半導体装置パネル)

こちらは板厚1.2mmのSPCC(冷間圧延鋼板)から製作した精密板金加工製品です。

主加工は抜き加工、前加工、曲げ加工の順で行います。

成形後に三価ユニクロメッキとシルク印刷を行い、最終検査となります。

本製品は半導体装置のパネルとして使用されています。

製作日数はメッキ処理、シルク印刷を含めて、100ロットを目安3~4日程度となります。

DSC_9301.jpg



スポンサーサイト

特殊加工品のご紹介 (鉄道設備部品)

こちらは鉄道用設備として使用されている溶接製品です。

スズメッキを施した銅線の片側とパイプを溶接で接合します。

銅線の逆側には金具を半田付けして接合しています。

本製品は鉄道設備の集電装置(コーベル線)として使用されています。

DSC_7468.jpg



板金加工製品のご紹介 (送風装置部品)

こちらはSPCC(冷間圧延鋼板)から製作した板金加工製品です。

主加工は抜き加工、前加工、スポット溶接、クロメートメッキの順で行います。

本製品は送風装置の部品として使用されています。

製作日数はメッキ処理を含めて、100ロットを目安に2~3日程度となります。

DSC_9299.jpg



精密板金加工製品のご紹介 (半導体装置 側板)

こちらは板厚2.0mmのA5052P(アルミ材)から製作した精密板金加工製品です。

主加工は抜き加工、前加工、曲げ加工、アルマイト処理の順で行います。

本製品は半導体装置の側板として使用されています。

製作日数はアルマイト処理を含めて、100ロットを目安に2~3日程度となります。

DSC_9297.jpg



精密板金加工製品のご紹介 (半導体装置 配線板)

こちらは板厚1.5mmのA5052P(アルミ材)から製作した精密板金加工製品です。

主加工は抜き加工、前加工、曲げ加工、アルマイト処理の順で行います。

本製品は半導体装置の配線板として使用されています。

製作日数はアルマイト処理を含めて、100ロットを目安に2~3日程度となります。

DSC_9134.jpg



 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

東開製作所

Author:東開製作所
東開製作所のスタッフによるブログです。東開製作所は東京都大田区で約60年の歴史を持つ精密板金会社です。旅行記や東開製作所のニュースなどいろいろ書いていきます。各部署のスタッフが撮影した写真なども載せていきます!


写真素材のピクスタ

写真素材フォトライブラリー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
鉄道 (22)
東開製作所 (7)
大田区 (4)
旅行 (1)
採用情報 (3)
プレス加工 (3)
板金加工 (14)
レーザー加工 (1)
機械加工 (1)
樹脂加工 (1)
開発 / 設計 (1)
精密板金加工 (20)
特殊加工品 (2)
製品紹介 (1)
アルミ溶接 (1)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん